本文へスキップ

企業調査 東京から全国調査の日本総合探偵事務所。

日本総合探偵事務所0120-078-305

東京都港区六本木3丁目15番25号

企業調査 東京

企業調査

「まさか・・・と嘆く前に事前に調査にて危機を回避しませんか」


新規事業を検討しているが、取引企業自体を知らないほど、社運をかけた取引を取引企業発表のデータだけで取引を行うほど危険なことはありません。
信用できる会社なのかどうか、将来性や銀行の取引残高、取引会社等の情報がもとめられるのです。また、取引先の経営状況が悪化しているという情報が入ったので倒産の危険があるのではないか?

自社の製品を卸している会社が倒産してしまい大損害をこうむるというケースはよくある話です。

富裕な調査事例・人脈・情報網を駆使し、あらゆる証拠収集を多方面から確実に調査いたします。


企業調査・探偵・東京・日本総合探偵事務所
 

企業調査

ブラック企業の体質や内情は社会問題・民事訴訟・労災申請・労働基準法違反・事件(侮辱罪・暴行罪・傷害罪・背任罪)などの形で表面化することもあるが、悪質な法令違反が露呈し経営者の逮捕などが起きない限り、社名やその実態が公に報道されることはほぼない。例えば、合理的理由のないリストラ、不当懲戒処分や名ばかり管理職、サービス残業強要、パワーハラスメント、偽装請負、過労死、社会保険の保険料逃れ、派遣切り、不当労働行為、遺族による公害病・労災の認定を求める訴訟およびその責任を免れる行為などがある。

労働問題以外に企業統治や法令遵守、企業の社会的責任にまつわる諸問題が取り沙汰される場合もあり、一般的な企業と比べればコンプライアンス全般について著しく軽視する傾向がある。また、現在ではコンプライアンス違反の発覚が発端となり最終的に企業が経営危機や破綻にまで追い込まれるケースが増えており、ブラック企業においては、マスコミ媒体への広告や製品サンプルの提供などの手段で企業が露呈を食い止めていた企業体質や労働環境の問題が、コンプライアンス違反の発覚をきっかけに一気に世間へと噴出し、経営そのものが不安定になり、最終的に倒産までには至らなくても売上減による人員整理など従業員の雇用に悪影響を与えるケースも少なくない。また、企業間競争に打ち勝つため、現場社員の人間力に頼る施策に勝る経営手法が乏しい環境の中で、法規制等により問題化する長時間労働という課題を乗り越えようとする際に起きる結果論もある。その上、企業にまつわるクレーマーの存在がブラック企業を助長させているという側面を持ち合わせている。

とはいえ、ブラック企業であると名指しされるだけで倒産や経営危機に追い込まれるケースはほとんどない。エシカルの観点から不買運動、ボイコットが起こる事もあるが、ブラック企業の多さや情報の非対称性の問題もある。特に大企業の場合は、違法な形で人件費を節約する代わりに低価格で消費者にサービスを提供し、そのニーズに応えることができている企業であるケースが多い。他面、ブラック企業であるとする風評が人員の確保に悪影響を及ぼすことはあるが、熟練者を確保する必要性がない業界の場合、生活保護受給者など「ブラック企業であろうと就職することがやむを得ない」状態になっている者を確保すればよいため、悪影響も軽微である。従って、ブラック企業を市場によって淘汰することは困難であるし、またブラック企業がブラック状態を止めることも、(同業他社のブラック企業が淘汰されず上記のような「消費者にとっては」いい企業であった場合)消費者離れを招くためできない、という現象が起こってくる。

市場による淘汰が困難である以上、ブラック企業に対する対処としては労働基準監督署などによる、公的な介入が不可欠であり、一部の違法行為に対しては犯罪として刑罰をもって臨むことも法制度上は可能である。ところが、労働基準監督署も慢性的な人手不足などの理由から介入には及び腰であり、またハローワークでも、こうしたブラック企業の求人でも受理されている。このように、ブラック企業への公的な統制が十分に働いているとは言い難いのが実情である。

悪影響は家庭にまで及ぶ。過重なストレスは夫婦間の不仲や家庭内暴力、離婚の一因となり、そのような環境は子供の人格に悪影響を及ぼし、子供の非行や無気力化(不登校や学力低下など)、最悪の場合犯罪の要因となり得る。これらは世代を経ても同じことが繰り返される可能性が高く、そしてそれは同時にブラック企業が淘汰されず存続し続けることも意味する。

ブラック企業は基本的に日本の企業・経営者が慢性的に抱える体質・慣習に根ざした問題であるが、風説・通説に基づいたレッテル貼りという一面も全否定はできず、「会社を解雇になった人間や就職活動で採用されず会社で働いたことすらない人間が腹いせに流布しているだけに過ぎない」という批判も存在する。しかし、従業員や就職希望者にとってのブラック企業の存在とは単に自身の経歴や履歴書の評価を貶める脅威のみならず、健康や人生設計、そして最悪生命までをも破壊されかねない大きなリスク要因であり、例え不景気のような悪環境下であってもそのような企業への就職を避けようとインターネットなどでは活発な議論・情報交換は広範に行われており、その中で情報は分析され、「腹いせ」や「出まかせ」で書き込まれた情報は一律に偽物とみなされる。したがって、「会社を解雇になった人間や就職活動で採用されず会社で働いたことすらない人間が腹いせに流布しているだけに過ぎない」という批判がそのまま対抗言論として成り立っているとは言いがたい。

人数が少ない中小企業は情報自体が出てこない、労働基準監督署が指導を行ったことや裁判で労災認定判決が出たことといった、客観的な法令違反など問題行為が外部に漏れることはほとんどないため、対策を取れないのが現状である。

また、退職後も退職の経緯が「自己都合」と「会社都合」退職に比べれば、失業保険が給付されない(またはごく少額しかない)といった問題が発生する。

企業調査

日本総合探偵事務所の企業調査では、あらゆる情報もキャッチして多くの情報を収集できるように日頃からネットワークを広げております。
企業調査をお考えの方は、気軽にお問い合わせください。

企業調査・企業信用調査は日本総合探偵事務所の企業調査専門も探偵調査員が調べます。



企業危機管理

「企業恐喝・横領・背任等を調査いたします。」

企業調査・探偵・東京・日本総合探偵事務所

0120-078-305

バナースペース

日本総合探偵事務所 東京支店

東京都港区六本木3丁目15番25号

TEL 03-5771-6550
FAX 03-3479-8788

 はてなブックマークに追加